近年利用者が増加中

最大のネック

ネット通販の最大のネックは、生鮮食品です。
生鮮食品については、鮮度や安全性を重視する消費者が多いため、信頼のおける馴染みの購入先で求める傾向があるようです。
また、馴染みの購入先を決めていない若い人たちにとっては、生鮮食品はネットで購入する心理的ハードルは低く、むしろ隙間時間を活用して手軽に買い物を済ませてしまうという利点の方が大きく映るかもしれない。
鮮度や安全性を万全に管理できる体制を消費者に十分伝えることができれば、ネットショッピングに精通する若い世代を中心にネットでの食品購入が日常となる可能性が高いでしょう。
確かにネット通販は便利なのですが、生鮮食品だけは直接買いに行く人の方が多いのが、今の現状でしょう。

ネット通販に消極的な人は

ネット通販を利用しない人には自分の目で商品を選べないことが一番にあげられます。
食品は自分の目で直接確認して購入したい人が多いようです。
次に送料負担があげられています。
運ぶ手間や買い物に行き手間が削減されることに対して、コストを払いたくない人が通販の利用に消極的な傾向にあります。
特に、野菜に関しては、「手に取って確かめたい」という人が多数いるそうです。
また、中には「最近の生産者、生産地は疑わしい」といった声もあり、ネット通販を利用しない人の意見もあります。
特に、食品に関しては、ほとんどは家から歩いて数分の場所にスーパーやコンビニがあるため、すぐに生鮮食品を手に入れることができます。
配送に時間がかかることや、鮮度を直接確かめることのできない生鮮食品に関しては利用率が低いと言えますが、その他の食品に関してはネット通販を利用する人が増えているそうです。



TOP